アズサてやんday

六帖アズサのブログ

「フランケンジョーズ(2016)」を観た

※冒頭から「サメのような形の巨大モンスター」が登場するが、中盤以降は手足が生えるので、うっかり「サメ映画」と信じて観始めると、混乱して爆発してしまうので注意。

 

サメ映画には、CGも演出も凄い、とんでもなく面白いものと、CG・演出・カメラワーク・シナリオ・演技、全てが低レベルなクソ映画の2通りしか無いのだけど、この「フランケンシャーク」はどちらにも当てはまらない、大変珍しいタイプでした。

メインであるサメは、「言われてみればサメかもしれない」くらいの見た目なのだけど、だからと言って他のクソサメ映画同様、飛び抜けて出来が悪いとか、全くリアルじゃないとか、全然画面に映らないという訳ではない。初めて見るタイプの気持ち悪い見た目で驚きがあるし、特撮の敵と同じくらいのクオリティではある。

実際、冒頭シーンでサメがアップになった瞬間、びっくりして吹き出してしまった。問題なのは、サメ本体の出来に反して、それを動かすCGが全くの素人レベルというところで、Z級と言われても仕方が無い。

 

ストーリーは、「フランケンシュタインの研究をしていた科学者が、不死身の最強人間を作る為に先ずはサメで実験してみた」だと思うが、一応、筋も理屈も通っているし、ガバガバになりがちな部分は、登場人物本人達が科学者に質問してくれるので、疑問は全て解決される。

冒頭で説明した「中盤から手足が生える」のも、「なぜ生えたのか・陸を目指したのか」がハッキリしているので、ただただ感心して観ていられる。

 

レビュー欄には「ゴミ」「5分が限界」等々、辛辣なコメントがずらりと並んでいるが、今一度、最後まで観た上で「これは本当にクソサメ映画なのか」と考えて欲しい。

他には無いサメの設定・見た目、考え込まれたストーリー、船長が終始着ているJAWS Tシャツ。企画チームが、いかにサメ映画を愛し、新しいサメ映画を作ってやろうと情熱を注いだのか、細部から痛いほどに伝わってくる。

 

他の映画人から軽蔑されたかもしれない。

「フランケンシャークなんて馬鹿げている、もっとまともな映画を撮ったらどうだ」。そんな事を言われても、「未だ誰も見たことがないサメが人を喰うシーンを撮りたい」、その情熱だけで何十時間、何百時間と内容を詰めに詰めて、ようやく映画としての形に作り上げた。

技術スタッフも役者陣も、初めて映画を作る人間ばかり。出してみれば世間の反応は最悪、Z級のレッテルを貼られる。

サメ映画への愛と情熱を使い果たした企画チームは思った。

 

「ユニバーサル・スタジオに入社したい」と。

 

2021-05-10