アズサてやんday

六帖アズサのブログ

5月13日(メモ帳と個性)

本を読んでいて、知らない単語や読めない漢字が出てきたら、検索して、iPhoneのメモ帳に作った「辞書」フォルダにまとめているのだけど、メモを五十音順に並べ替える機能がiPhoneに無いため、これまでに調べた言葉達は調べられた順に、フォルダに格納されている。

アルファベット順だけで無く、あいうえお順に並べ替えられるようになれば、iPhoneのメモ帳で自分だけの辞書を作れるのだけれども。Appleへ。f:id:azusa_chan:20210514234110j:image

 


芸事に関わっていれば、何処へ行っても求められるものに「個性」がありますが、「個性」とは "自分1人が発する自己主張" と勘違いされがちで、実際には、自分1人だけでいる間は個性など存在せず、 「他人の輪の中に立って、他人に見られて」初めて発見されるものである。

比べる対象が無ければ個性など存在せず、また、他人と個人を比較しようとする第三者が居ない限りは、誰もが個性の無い、平々凡々なただの人間である。

己の個性を見出したいのなら、「集団に入ること」そして「比較・評価する者の目に触れること」が必要です。1人きりで「自分は個性的だ、変わっている、魅力的だ」と思い込んでいても、それは単なる自己満足であり、鏡の中の自分に「美人だなあ」と酔っているのと同じです。

個性や魅力とは、自分の内側にあるのでは無く、外側にあるものなので、自分1人で見つけるのは難しい。