アズサてやんday

六帖アズサのブログ

9月15日(散髪前と散髪後)

半年間伸ばし続けてきた髪の毛に、遂に耐えきれなくなったので、切りに行くことにした。前回まで通っていた美容院とは違う店である。初めての場所に行く時は毎回異常なほどに緊張してしまうので、1日中頭を抱え、散々震え上がって縮み上がった挙句、結局夜になって眉毛と脇毛とスネ毛を剃ることになる。どういう訳か、「毛を剃っておけば初対面の人に馬鹿にされないだろう」と信じている節がある。

 

ビルの2階にあるお店だから、階段を上る間で心の準備をすれば良いと踏んでいたのに、踊り場手前で入り口の店員さんと目が合ってしまった。想定とは違うけれども、問題無い。こちらはスネ毛まで剃ってきたのだ。

通されたのは窓際の席であった。表の通りがよく見える。美容師さんと世間話なんて芸当は出来ないので、延々と、学校帰りの学生達や、車道を恐ろしい程ゆっくり走る自転車のおっさんなどを凝視していた。

担当の美容師さんは、歴20年以上のベテランなので、安定感がすごい。言葉の端々から微妙に貶されているような気がするけれども、年齢を聞かれて「21です」と答えたら、「高校生かと思った」と言われたので納得した。

スキバサミをジャキンジャキン鳴らしながら、とってもお洒落なショートヘアにしてくれた。頭が軽い。髪の毛なんて、伸ばすもんじゃ無いと思った。これからは此処に通うことにする。