アズサてやんday

六帖アズサのブログ

3月19日(絵の具とスタジオ)

数ヶ月振りに絵を描こうと思い立ち、アクリル絵の具チューブを詰め込んだバケツを出してみたら、殆どがぺちゃんこで、仕方なく買い足しに出掛ける。

白色は他の色に混ぜて使うから多く必要になるだろうと、白色チューブだけは2本購入し、帰ってバケツをひっくり返して見れば、底から以前全く同じ理由で買って来たであろう白色チューブが2本出てきた。

たかが数ヶ月間だが、過去から現在にかけて思考回路に一貫性があるのは、結構なことである。

しばらくは白色に困らない。

 


たまに通りがかる雑居ビルの一階には、全面ガラス張りで地域テレビ局の公開収録スタジオが入っていたと思ったのだけど、いつの間にかガラス張りはロールカーテンで閉め切られ、入り口には「マイナンバーカード」「投票」等の単語が貼り出されて、何か公的な事務所のスペースに変わってしまっていた。

今まで外から見えていた大量の照明やらカメラやらの機材は何処へ持ち去られたのか、そりゃあ、エンタメの発信が、人間一個人には届けども、いつまでも社会を変えられないはずである。