アズサてやんday

六帖アズサのブログ

4月21日(Tシャツと好み)

ここ数日で急に暑くなりやがって。耐え切れず、クローゼットの淵からTシャツを救い出す羽目になった。真っ青なジャージズボンに真っ赤なTシャツ、今日は靴下が黄色だから、さながらレゴブロックの色合いである。

"歩くレゴブロック" は恥ずかしくて外に出られないから、早急にTシャツを買い足す必要がある。

 


モノトーン好きは、生まれつきモノトーンが好きなのか。ミニマリストは、元々物を持たない信念だったのか。

自室(主に壁)が色と文字でうるさい雰囲気なのだが、それは去年、「空間の余白が許せない」と衝動的に絵の具やポスカで埋め込んだからで、加えて、去年は原色等、ポップな色の物ばかりを好んで買っていた。

しかし現在はと言うと、モノトーンでシンプルな最低限の物だけを周りに置きたい、何も無いただの白い箱で暮らしたい、と思っている。

1年単位で両極端に好みが行ったり来たりするものだから、自分で自分の感性に疑問を感じてしまう。

好みとは、元々こういう仕様なのだろうか、そうならそうと、最初から契約書に書いてくれないと困る。