アズサてやんday

六帖アズサのブログ

3月7日(イエティと切腹)

楽天市場の「最近検索したキーワード」欄にずっと「イエティ 着ぐるみ」があるので困っている。全く検索した覚えが無いのだけど、試しにクリックすると、イエティの着ぐるみに混ざってショッキングピンクなゴリラの着ぐるみがあり、買うならイエティよりもこっちが欲しいなと思った。どちらにしろ要らないが。

 

刀で自決するとして、最も痛みの少ない場所は何処か。包丁を腹に突き刺す真似をしてみては、どうも「最高の興奮状態なら出来るのでは」と思ってしまう。お腹を刃物で切る行為が余りにも非日常だからか、前面に骨が無く、すんなり刃が入りそうだからか、切腹なら何となく耐えられそうな気がしてならない。他には、頸動脈なんかは頭に近過ぎるから、視界に刃物が大写しになって恐ろしそうである。もっと言えば、眼に近ければ近いほど恐怖が比例して、結局、1番痛そう恐ろしそうなのは "目潰し" である。視覚の情報が恐怖の大半を占めのは動物に危機管理能力がある以上仕方の無いことで、つまり1番良い切腹とは、アドレナリン大放出状態で明後日の方を見ながら、ひと思いにザクッと刺す。これで切腹自体は成功するかも知れないが、さて、無事絶命するまでがまた更に大変そうである。