アズサてやんday

六帖アズサのブログ

12月3日(アイロンと半年)

アイロンを掛けるのが苦手で、何故なら、奴らは何の前触れもなく唐突に「プシュー」なんて、けたたましい溜め息を吐くからである。危なっかしくてしょうがない、だから嫌いなんだと親に訴えたら、「蒸気出さない設定にしたら良いじゃない」なんて。アイロンが溜め息吐いてたんじゃなくて、私が、アイロンに溜め息吐かせていたらしい。ごめん。

 

今年中に100記事書こうっと、なんて珍しく目標設定までしたのに、どうにも内容の無いことをつらつら書いていたら、呆気なく、100記事越えてしまった。3月に(もはや理由は忘れたけども)突然ブログを始めて、5月28日から「1日おき更新」を掲げ、更新ペースを守ったり守らなかったりしながらも、気がつけばちょうど半年も経っている。改めて以前の記事を読み返してみたら、厨二病を引きずった大人げない人間の、実に拙い、意味のない言葉の羅列であった。誰に向けて書いている訳でもないが、じゃあ、果たしてこの世の何人がこのブログを読んでいるのだろうか。寒くなってくると、どうも、道という道が分からなくなってきて、かなわない。