アズサてやんday

六帖アズサのブログ

「ハウス・シャーク(2018)」を観た

フランケンジョーズ」以降、GYAOでは新しいサメ映画の配信がぱったり途絶え、「遂に不評なのが運営にバレてしまったか」と焦りかけたが、こっそり追加されている作品があった。

「ハウス・シャーク」。サメ映画にしてはだいぶ強気、2時間の超大作である。

 

 

結論の結論から言うと、チープさ・演技の下手さ・尺の無駄使い、全てが揃った「完璧過ぎるベストオブ・クソサメ映画」であった。他にもクソサメ映画は沢山あるが、こちらは2時間あるので次元が違う。

 

「ハウス・シャーク」のタイトル通り、サメは終始家の中でしか登場しないため、いくらアメリカの家が広いとはいえ、必然的にサメが大写しになるシーンが多い。

ので、サメはたいそう大掛かりな「工作」で作られたと見られる。アップになる度に背びれの「粘土感」が生々しい。

 

一番面白かったのは、全然サメと関係ない場面。「サメが出る家を売ろうと企む不動産会社の社長室」にある「創業者の蝋人形」である。

博物館にあるような、本物の人間そっくりの人形が置かれているのだが、何回見ても「本物の人間」なのである。「本物のおじさんそっくりの蝋人形を演じるおじさん」のカオスさに、本編で一番感心したシーンとなった。

 

2時間の中で面白いことと言えばこれくらいで、そのほか意味不明かつ長ったらしいストーリーをやり過ごすため、スマホ片手に何とか暇を潰しながら耐えていたが、2時間近くあれば充電も切れてしまう。結局、後半3分の1は虚無画面を凝視する羽目になった。

 

で、2時間引っ張ったラストはどうなるのか。

大まかにはジョーズと同じ、「サメの口に爆弾を入れ、撃って爆発させる」のだが、クソ映画なので、そうそうシンプルにはいかない。

ラストは、サメに喰われかけたアル中のおっさんが「俺を打て!俺の血液はほとんどウイスキーだから、引火して爆発するだろう!」と叫び、真に受けた主人公が発砲。サメは大爆発を起こして家ごと木っ端微塵になり、めでたしめでたし、である。

ひとつも理屈が通っていないし、特に迫力も無ければ爽快感も無い。

 

ちなみに、アル中のおっさんも主人公も生きており、エンドロールでは荒地となった家の跡地で、生首だけになったおっさんとジョークを交わしながら、吹っ飛んだおっさんの四肢を拾い歩く主人公を観ることができる。

 

 

調べてみれば「ハウス・シャーク」はクラウドファンディングで作られた映画らしい。

「目標金額を脅威の1150%超え」なんて書かれているから、「そんな大金が集まったのに何でこうなった!」と思ったら、そもそも目標金額は10万円ちょいで、うっかり200万集まってしまったとのこと。お年玉で映画撮ろうとしていたのかな。

 

「ハウス・シャーク」は、「ポテンシャル10万円の人間に200万円使わせた結果」を観る映画でした。

興味のある方は是非。

 

2021-09-18

「フランケンジョーズ(2016)」を観た

※冒頭から「サメのような形の巨大モンスター」が登場するが、中盤以降は手足が生えるので、うっかり「サメ映画」と信じて観始めると、混乱して爆発してしまうので注意。

 

サメ映画には、CGも演出も凄い、とんでもなく面白いものと、CG・演出・カメラワーク・シナリオ・演技、全てが低レベルなクソ映画の2通りしか無いのだけど、この「フランケンシャーク」はどちらにも当てはまらない、大変珍しいタイプでした。

メインであるサメは、「言われてみればサメかもしれない」くらいの見た目なのだけど、だからと言って他のクソサメ映画同様、飛び抜けて出来が悪いとか、全くリアルじゃないとか、全然画面に映らないという訳ではない。初めて見るタイプの気持ち悪い見た目で驚きがあるし、特撮の敵と同じくらいのクオリティではある。

実際、冒頭シーンでサメがアップになった瞬間、びっくりして吹き出してしまった。問題なのは、サメ本体の出来に反して、それを動かすCGが全くの素人レベルというところで、Z級と言われても仕方が無い。

 

ストーリーは、「フランケンシュタインの研究をしていた科学者が、不死身の最強人間を作る為に先ずはサメで実験してみた」だと思うが、一応、筋も理屈も通っているし、ガバガバになりがちな部分は、登場人物本人達が科学者に質問してくれるので、疑問は全て解決される。

冒頭で説明した「中盤から手足が生える」のも、「なぜ生えたのか・陸を目指したのか」がハッキリしているので、ただただ感心して観ていられる。

 

レビュー欄には「ゴミ」「5分が限界」等々、辛辣なコメントがずらりと並んでいるが、今一度、最後まで観た上で「これは本当にクソサメ映画なのか」と考えて欲しい。

他には無いサメの設定・見た目、考え込まれたストーリー、船長が終始着ているJAWS Tシャツ。企画チームが、いかにサメ映画を愛し、新しいサメ映画を作ってやろうと情熱を注いだのか、細部から痛いほどに伝わってくる。

 

他の映画人から軽蔑されたかもしれない。

「フランケンシャークなんて馬鹿げている、もっとまともな映画を撮ったらどうだ」。そんな事を言われても、「未だ誰も見たことがないサメが人を喰うシーンを撮りたい」、その情熱だけで何十時間、何百時間と内容を詰めに詰めて、ようやく映画としての形に作り上げた。

技術スタッフも役者陣も、初めて映画を作る人間ばかり。出してみれば世間の反応は最悪、Z級のレッテルを貼られる。

サメ映画への愛と情熱を使い果たした企画チームは思った。

 

「ユニバーサル・スタジオに入社したい」と。

 

2021-05-10

9月11日(腹痛とナイスサメ映画)

ここ最近、毎朝腹痛に見舞われている。原因は明らかで自業自得なのだけれど、ほぼ毎日食べているアイスである。

高校生までは、アイスや冷たい飲み物を飲み込んだ瞬間から、情景反射のように腹痛を起こしていた。

それがだんだん治ってきて、冷たいものを冷たいまま食べられるようになったのだが、ここに来てまた、身体が拒絶し始めている。

スーパーカップとMonsterエナジーをこよなく愛する私にとって、この副作用はとても辛い。

 


久しぶりに、クオリティの高いサメ映画を観た。2011年公開の「シャーク・ナイト」である。


サメに人を襲わせ、その映像を高く売る悪い人達に、バカンス中の大学生達が巻き込まれる話だ。

サメが主人公と言うより、人間関係やサスペンスが主軸なのだけど、しかし、サメのクオリティが異常に高かった。


物語が現実的だから映像も終始リアルで、それに溶け込む、まるで本物のようなサメは、昨今量産されているクソみたいな "サメもどき" とは一線を画している。

しかも、ホホジロザメだけでは無く、ホホジロザメに次いで危険なオオメジロザメやイタチザメ、見た目の違うシュモクザメ、身体は小さいが群れを成して襲うダルマザメ等、様々なサメが登場する。それぞれのサメごとに喰われるシチュエーションも違うので、他のサメ映画では見たことのない映像が楽しめるのである。


クソサメ映画も最高だが、たまにはこんなサメ映画も、悪くない。

「デビルシャーク(2015)」を観た

個人的ベストオブ・クソサメ映画ランキングが更新されてしまった。


全シーン理解不能で、もちろんサメは出てこない。いや、出ては来るけれども、怪しいサメが泳いでいるカットのみである。そして何故か、全編通して舞台が湖なので、人間が大勢居るシーンが無い。


恐らくは「殺人鬼が呼び寄せた悪魔の魂がサメになって現れた」みたいなストーリーなのだけれど、悪魔が色んな人間に噛み付いて乗り移っていくから、誰が本体なのか分からない。

悪魔に乗り移られた人間は、口から緑色の液体を噴き出すようになる。もはやサメ映画では無い気がする。


エンディング後も、意味ありげだけど全く無意味なエピローグが続き、蛇足に次ぐ蛇足に呆気にとられてしまう。

唯一面白かったのは、若い男女2・3人が刺青を入れており、それが「天使」や「父」等日本語で、親近感が湧いたことくらいである。

「天使」はまだしも、ヤンキー兄ちゃんはどうして肩に大きく「父」と入れてしまったのだろうか。

そんな事ばかり考えていたら、いつの間にか映画は終わっていた。

2020-09-01

「シン・ジョーズ(2016)」を観た

「シン・ジョーズ(2016)」を観た。

シン・ジョーズは邦題で、原題は「アトミック・シャーク」"核実験によって突然変異したモンスターシャーク" 、つまりはゴジラのサメバージョンである。

ゴジラをオマージュしてわざわざ邦題で「シン・」を付けたり、映像も随所に遊び心が感じられたりで面白かった。

サメの境遇が可哀想だからストーリーそのものは重いはずなのに、主人公がサメ映画史上最高に役立たずの阿呆なので終始笑いながら観ていられる。ゴジラにもジョーズにもそこそこの敬意を払っているのが感じられてとても良い。あくまで "そこそこの" だけれども。


サメに喰われて上半身だけ残った身体が海面に飛び出したり、ありそうで無かった演出が盛り沢山で最高だった。

1番良かったのは、人間が破裂するシーンである。特に男の子の頭が破裂するのは3回観直した。サメの体液を被った動物は膨張して破裂してしまう。破裂シーンは全体では数える程しかなかったが、ゾンビ映画にも引けを取らないリアルな描写なので満足である。


コンセプトも設定もしっかりしていて他のサメ映画とは一線を画している。

そのまま新たなサメ映画ジャンルを確立していって欲しい。

2020-06-25

「チャイルド・プレイ(1988)」を観た

チャッキーシリーズの始まりを知りたかったので「チャイルド・プレイ(1988)」を始めて観ました。人形が動く理由がオカルティックなのにちゃんと理屈が通っているのが面白かったです。


ハイライトは冒頭の、アンディ(主人公の子供/チャッキーを買ってもらった)のママの親友マギーがチャッキーに驚いて窓から転落するシーンでした。

五階建てくらいの高さから窓を突き破って転落する、その落ち方が最高でした。窓を突き破り、腕をぐるぐる回して宙でもがきながら落ちていく時に頭を守ろうとして庇い、そのせいで身体が捻れてちゃんと背中から着地していました。

私は熱狂的な映画オタクではないので全ての映画は知らないけれど、今まで観た映画の中で1番良い転落死でした。とても良かったので3回巻き戻しました。


ちなみに映画作品で1番良いと思うビンタシーンはダントツで「タイタニック(1997)」のヒロインが、いいなずけだか誰だかに怒られてビンタされるシーンです。

2020-05-21

サメ映画論(アサイラム)

サメ映画の何が良いって言ったら、必ずサメに喰われて人が死ぬところである。喰われて死ぬから腕だけ残ったり、頭が転がったり、足だけまるっと無くなったりして、面白い。

「ジョーズ」は観たのが昔すぎて全然覚えていないけれど、王道なサメ映画の始まりは「ジョーズ」なんでしょう。私は現代っ子なので、ジョーズの遅すぎる展開では物足りない。

最近のサメ映画は "なんでもオッケー" が過ぎて最高だ。「シャークネード」シリーズは "竜巻(トルネード)にサメが巻き上げられて街まで来ちゃった!" で5作は続いているし(最新のは未鑑賞)、「スリーヘッドジョーズ」が出たと思ったら「ファイブヘッドジョーズ」「シックスヘッドジョーズ」まで出た。先日観た「ビーチシャーク」"砂浜を泳ぐサメ" はもはやサメである必要性が無いようにすらみえる。"サメ映画" で検索すれば他にも「ハウスシャーク」とか「シャークトパス(たぶんシャーク+オクトパス)」とか面白タイトルが目白押しである。

 

サメ映画は "パニック映画" だけれども、ほかのパニック映画に比べて圧倒的に緊張感のない映画だと思う。

ウイルスが蔓延する系とかは、人が辛い思いをしながら死んでいくので観ていて辛くなる。医療シーンも緊張感がすごいし、本当になったら怖いし。

それに比べて、サメ映画は緊張感なんて微塵もない。この "緊張感" は "登場人物たちの緊張感" じゃなくて、 "観ている我らの緊張感" 。サメと戦う主人公たちは大変な状況だけれど、観ている方からしたらバカバカし過ぎて笑えてくる。笑えるパニック映画は、サメ映画だけだと思われる。

もう一つ、サメ映画の良いところは映像のチープさ。もちろん、素晴らしいCGのサメ映画もあるのかもしれないけれど、私は見たことない。サメ映画のサメは "頑張ってCGで作ったんだな!" って感じだし、喰われた人の血や内臓も、生々しいの前に "作り物感" があり過ぎる。それが良い。ウイルス蔓延系も天災系もリアル過ぎる。リアル過ぎて、私のような不謹慎な人間は泣いてしまう。

 

サメ映画はハズレがない。必ずサメが暴れて、必ず人間と戦う。サメにはどんどん進化していってもらいたい。

だからそろそろ、『海岸沿いの人造人間研究所に津波と共に巨大サメが入ってきて人造人間と合体して人間を滅ぼす』映画が観たいです。

アサイラムに!とどけ!